今の時代、どういう情報に金を払うのか?

こんにちは

今日はちょっと、投資と離れた話題になります。ちょっとだけね。

タイトルの通り、「どういう情報に金を払うのか?」について考えます。

お金を払わなくても情報は手に入る!

この疑問に至った背景としては、自分が情報を得るために全くと言って良いほど金を払ってないことに気づいたためです。

昨年までは日経新聞も毎日読んでましたし、東洋経済とか週間ダイヤモンドとか雑誌も毎週買って読んでいました。
ところが、日経新聞は引越し時に解約してそれっきりだし経済雑誌も月に1回買うくらいになってしまいました。

なぜか。。。

知っているだけでは武器じゃ無い。

最近はスマホのアプリとか、SNSやブログで情報が収集できるので情報を仕入れるだけならそれで十分なことに気づきました。

(知ってる人)VS(知らない人)となったときに知ってる人が優位だから
「金を払ってでも情報を仕入れて優位に立ちたい」というのはわかります。
でも、今はニュースレベルであればみんなが知ってる人ですからね。。

結局、情報元は一緒だし、みんな知っているしということで、わざわざ金を払ってまで手に入れる意味が薄れつつあるんじゃないかと。

お金を払って手に入れたい情報とは?

となると、どんな情報に金を払うか?

これは、はっきり言ってしまうと
「未来の情報」
でしょう。
起こったことよりも、これから起こることの方が知りたい。まぁ、未来なんて決まっていることはほとんど無いわけですがから「精度の高い予測」,「背景や関連する事象の深い洞察」はお金を払っても欲しい情報になるとおもいます。
あとは、他人が知らない、自分だけの情報とかね。

そういうところに目をつけたのが、有名人のメルマガだったりするのかも。
確かに高いアンテナ張ってて、賢い人の話は信頼感がありますしね。

結論

・情報だけでは売れず、精度の高い解説がつくと買う人は出てくる。
・他人が知らず、自分だけが知っているような情報は価値がある。

ブログ書く場合でも、こういうところに気をつけて行けばアクセス伸びるかな。笑
それでは〜

※見やすい記事の書き方を模索中です。ご容赦ください!

にほんブログ村 株ブログへ